フォト
2015年4月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

バーナー

旅行・地域

2011年5月11日 (水)

春香テーマパーク

みなさん、コメントありがとうございます。

コメ返はあとで必ず~~~

9日はそんなこんなでSHINeeだけで終わりましたが、せっかく南原に行ったので、「春香テーマパーク」というのができてたので、10日の午前中一人で行ってきました。。。

南原に行くのたぶん10年ぶりくらい??

だから「廣寒楼苑」には行ったことがあったのですが、「春香テーマパーク」はたぶん何年か前にできたので、今回初めて行ってみました。

ハンギョンとウォンジョンはもう中学生ともなるとそんなところには興味なく、爆睡してたので起こさず、チェックアウトが12時なので、11時ごろまで見物してこようと10時くらいに宿を出ました。

あいにく10日も雨が降ったりやんだりの天気でしたが、タクシーでテーマパーク前に着いて、入場券(3,000ウォン)を買って入りました。。。

P1030459

↓入り口の階段の途中にmappiさんがコメントに書いてくださってた『怪傑春香』のドラマ撮影地という表示が。。。

P1030460

P1030461

階段を上ると。。。「南原郷土博物館」が。。。

P1030462

P1030463

まぁ、中は他の博物館と変わりなく。。。

こんなミニチュアがあったり。。。

P1030464

なので、写真は撮りませんでしたが。。。

中で目に付いたのはさすがソリの故郷らしく、こんなのがありました。

P1030465

これは「春香伝」。

「廣寒楼」に李夢龍がいて、ブランコに乗ってる春香を見ています。。。

赤いボタンを押すと、「春香伝」のパンソリが流れてきます。。。

他に「ノルブ伝」、「沈清伝」などがありました。。。

それから、南原の特産品、漆塗りの祭器(祭祀につかう食器)

P1030466

春香の肖像画

P1030467

博物館から出て歩くと。。。

P1030468

P1030469

李夢龍と春香。左端は夢龍の下男房子(パンジャ)、右端は春香の下女ヒャンダン。

P1030470

P1030471

ドラマセット場と書いてあったので行ってみたら、ただこんな感じの昔の建物があるだけで、ぜんぜんドラマセット場という雰囲気ではありませんでした。。。がっかり。。。

P1030472

ちょうどツツジの季節できれいでした。。。

P1030473

あと、「廣寒楼」のミニチュアとかありましたが。。。

すぐ橋を越えたら実物があるのになんだかなぁ。。。って感じで。。。

なんとなく、3,000ウォンの入場料がもったいないような、残念なテーマパークでしたshock

出口を出ると「国立民族国楽院」の建物が。。。

P1030474

そしてずらりと食堂が。。。

その中に韓国の伝統家屋の旅館「春香家」があります。

↓「春香家」のサイト
http://www.chunhyangga.com/

最初、ここを予約しようと思ったのですが。。。

平常時は6~7万ウォンなのに、「春香祭」の期間中は10万ウォンだということと、一般室は浴槽がなくシャワーだけのところが気に入らなくて、やめました。。。

食堂に入って南原のおいしいものも食べてみたかったですが、一人で入るのもなんだし、もう11時近くなってたので、そのまま帰りました。。。

あとは、コンドミニアムに帰って、2人を起こして部屋を整理して、チェックアウトしようとエレベーターに乗ったら、前日のミス春香のうちの1人の方が乗ってました。。。

ロビーにおりると、他のミス春香の方々も。。。

私たちが泊まっていたコンドミニアムにミス春香の方々も泊まっていたという。。。

そんなこんなで、yappyの南原旅行記、おしま~~い。